Twitterでweb制作系の情報を配信したみた

去年の8月くらいからでしょうか、Twitterでweb制作系のサイトや記事を紹介するwdscratch(Web Design Scratch)というアカウントを作りました。

ありがたい事に配信開始から5ヶ月の2010年新年早々にフォロワーが1000人を突破いたしました。フォロワーの皆さん本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

wdscratchfollow

さてTwitter的に言えばフォロワーが1000人というは特に多いわけでもないのですが、なんとなくキリが良いのでまとめてみようと思います。まずは初回というか、まとめ一発目なので経緯を。(実際にやってみた感想は次回)

そもそも何故Twitterでweb制作系のサイトやブログを紹介し始めたかというと、実は僕はとても自堕落な人間でして、自分でも本当にビックリするほどに。でも何かを作ったり誰かの役に立ちたいという気持ちは人並みにもっていまして、毎日のように怠け者の自分と相反する欲求を抱えて悶々としてました。

天性もなく勤勉でもない者がクリエイティブな活動をするほど不幸な事はありません。

本来ならば自分の守備範囲(webデザイナー)の話題を噛み砕いて紹介する事が一番なのですが、ここは当代きっての怠け者のこの私。あいにく人様に見て頂くほどのテクニックも知識も持っておりません。

そんな中「何か人様に見て頂いて恥ずかしくないモノは」と考えると「そういえば(僕は)結構多くのweb制作系のサイトを見ているんじゃないだろうか」と思ったわけです。

以前から日課としてRSSを1日500前後ほど読んで、そして後々参考になりそうなブログ記事をはてなブックマークで保存して歩くという行為を繰り返していました。ヘビーブックマーカーからしてみればRSSの消化が1日500前後というのは特に多くなく、普通の人からしたら暇人と思われる程の中途半端な数字ではありますが。

これをはてブとは違う形で吐き出す事で、誰かの役にたてないだろうか。もっと言えば「存在しなくても困らないが、存在してればそれに超したことは無い」という小さな存在感を示せないだろうかと思ったのです。

そんな中、ちょうど僕はその頃Twitterにはまっていまして「それなら僕のはてブをTwitterの人たちに見てもらおうか」と思ったのです。

とてもお粗末ではありますが、こうしてtwitterでのweb制作系ブログの紹介が始まりました。

長くなったので続きは Twitterで6ヶ月間web制作情報を配信してみた まとめ編 として分割します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。